TOP

相模原市射撃協会について

相模原市射撃協会 最近のニュース

NEW相模原市射撃協会創立55周年記念式典開催される


相模原市射撃協会創立55周年を迎えて
<昭和37年4月1日 発足>

この度、本協会は創立55周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに、創立から現在に至るまで本協会の活動、発展に適切なるご指導、ご教示を頂いた公益財団法人 相模原市体育協会並びに関係各位のご理解とご 協力の賜物と心から感謝申し上げます。
さて本協会は、各種事業を通じて親睦を深め、かつ健全なるスポーツ精神を養い、銃砲の安全かつ正しい取り扱いと射撃技術及びマーナーの向上を図ることを目 的としています。
特に銃砲の取り扱いは「間違いました」では済まされない道具であることを常に肝に銘じることであります。幸いにして、本協会は発足以来55年間無事故出来 ました。これからも、絶対に事故を起こさない覚悟で事業を進めていきます。
本協会の名称は、発足当初、相模原クレー射撃協会でした。その後、相模原市体育協会の財団化に伴い、相模原市射撃協会としました。さらにその後、相模原市 民に対し射撃競技を身近に体験してもらうことを目的に、平成22年に家族で楽しめるエアーソフトガンによる射撃を取り入れ、協会名を相模原市射撃協会に変 更し現在に至っています。
この55周年を契機として、本協会員一丸となって協会のさらなる前進と射撃を通じて地域社会に貢献できるよう一層精進する所存です。
関係各位の皆様には、今後とも尚一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

相模原市射撃 協会 会長 鈴木正治


201712-101  201712-102

201712-103  201712-104

201712-105  201712-106

201712-107  201712-108

201712-109  201712-110

201712-111  201712-112

201712-113  201712-114


NEW平成29年度スポーツ教室助成事業(第5回相模原エアーソフトガンクラブ射撃教室)開催される



去る、12月17日(日)相模原ギオンスタジアムの第1・2会議室を使って題記の射撃教室を開催しました。
今回はエアーソフトガン3丁を用意しました。
当日は晴天に恵まれたのと事前に案内チラシを配布しました。又、広報さがみはらにも開催案内を掲載したので多数の参加を得ました。
次回からも開催の知らせを様々な機関を使って周知したいと思っています。
以下はその時のスナップ写真です。


201712-121  201712-122

201712-123  201712-124

201712-125  201712-126

201712-127  201712-128

201712-129  201712-130

201712-131  201712-132

201712-133  201712-134

201712-135  201712-136

201712-137  201712-138

201712-139  201712-140

201712-141  201712-142

平成29年度 相模原市射撃協会主催 クレー射撃競技市民選手権大会(第7 回)開催される



平成29年9 月28日
平 成29年度 相模原市射撃協会主催

クレー射撃競技市民選手権大会(第7回)開催される

開催日の8月27日、朝から晴天微風、絶好の射撃日和、わくわく気分で会場の大月クレー射撃場 へ向かった。
8時頃には、ほぼ選手が集まり(30名)大会の開始である。今日の昼食はB.B.Q。事前に連絡してあったので選手の皆さんが食材を持ち寄って下さいまし た。
食材は、焼き物用で猪肉・シカ肉・フリ-デンさんの大和豚・ソ-セイジ・ベーコン、・焼き鳥・野菜・焼きそば等、他にも、かき氷・鹿刺と、盛り沢山。射撃 の合間に準備をし、昼、全員集まり、先ず衆議院議員あかま二郎さんからのメッセージを皆さんに伝え、たっぷり1時間腹いっぱいになるまで楽しみました。
3時から表彰式、HPの表紙はその時の参加者集合写真です。


記 鈴木
成 績
ト ラップ優勝 髙 橋 清選手 (写真左側)
ス キート優勝 田 中 衛選手 (写真右側)


201712-00  201712-01

平成29年度<競技会等助成事業(ライフル・スラッグ射撃競技の部)>実施報告書

公 益財団法人 相模原市体育協会 平 成28年9月22日
会  長 森 田 之 雄 殿 相 模原市射撃協会
会 長 鈴 木 正 治


平成29年度

競技会等助成事業(ライフル・スラッグ射撃競技の部)実施報告書

1.主 催 相模原市射撃協会
2.後 援 (公財)相模原市体育協会
3.実施日時 平成29年9月10日  午前8時(競技開始時間)
4.実施場所 西富士ライフル射撃場
5.参加者 ライフル部門 33名 、スラッグ部門 17名 計50名

<事業の成果>

本事業は本年度で7回目となります。
本事業の目的はライフル・スラッグ射撃競技の技術水準を 向上させるため、本市近隣の、複数の市町村に声をかけ(団体・個人)、相模原市VS他市町村対抗試合、という形式において実施しました。
今回は23市町村から50名の参加者が集まり、技術の向 上と親睦を計り、併せてマナーと銃器の安全な取扱い、銃砲更新時における技能検定の講習も実施して、事業の目的は充分に達成されました。
又、本事業の開催にあたり、銃砲関係事業社、関係団体等 の協力が有って、多数の参加者を得たことを報告いたします。
来年度以降も継続事業として計画していきたいと思ってい ます。

成績: ライフル部門 59点の差で相模原市の負け
スラッグ部門 136点差で相模原市の大敗でした。

以下はスナップ写真です。

201712-03  201712-04

201712-05  201712-06

201712-07  201712-08

第12回 相模原スポーツフェスティバルに エアーソフトガン射撃教室出店


第12回相模 原スポーツフェスティバルにエアーソフトガン射撃教室出店

去る、平 成29年10月9日(体育の日)に相模原麻溝公園競技場(ギオン競技場)・スポーツ広場にて開催された 相模原市のスポーツの祭典( 題 記 )に相模原市射撃協会として6回目の参加をしました。
射撃協会の催し物として、ライフル銃形式のエアーガン(BB弾使用)3丁と本物のスコープを装着したエアーガン(BB弾使用)2丁を準備して約7m先の標 的(紙)に向かって射撃する設備を用意しました。
当日は、当協会の係員が『玩具のエアーライフルでも絶対に銃口を人に向けてはいけませんよ』等々の指示をした後、安全に射撃を楽しんでもらいました。
射撃が終わったら自分の標的を記念に持ち帰ってもらい、お子さんたちには駄菓子のプレゼント、多数の参加ありがとうございました。
尚、平成29年12月17日(日)13時30分~15時45分迄、ギオンスタジアムで第5回射撃教室を開催します。「射撃会の開催予定」を参照ください。

airgun

写真はその時のスナップ写真です。

201712-11  201712-12

201712-13  201712-14

201712-15  201712-16

201712-17  201712-18

201712-19


 平成29年度競技会等助成事業 (相模原市VS他市町村クレー射撃競技対抗試合)

公 益財団法人 相模原市体育協会御中 平 成29年10月26日

相 模原市射撃協会
会 長 鈴 木 正 治

平成29年度競技会等助成事業(相模原市VS他市町 クレー射撃競技対抗試合)

相模原市VS他市町クレー射撃競技対抗試合を下記要領にて実施いたしました。今回は本市の近隣から(20市町)54名の選手が集い対抗戦を実施しました。
結果は下記の通りです。
トラップ競技は14点差で相模原市の負け、スキート競技 でも35点差で相模原市の負けという結果でした。



1. 主 催 相 模原市射撃協会
2. 後 援 (公 財)相模原市体育協会
3. 開催日 平 成29年10月22日 (日)
4. 場 所 神 奈川県立伊勢原射撃場
5. 参加人数 ト ラップ40名   スキ-ト14名
6. 結 果
相模原市       VS    他市町
ト ラップ競技 藤 瀬 克彦選手 井 上 裕之選手 (府中市)
今 井  孝選手 千 葉美津夫選手 (大和市)
髙 橋  清選手 坂 井 末義選手 (稲城市)
計   254点 計   268点


ス キート競技 木 村 義春選手 光 田 和利選手 (福生市)
鑓 田  博選手 小 山 吉保選手 (藤沢市)
三 浦 修平選手 保 田晴夫選手  (大和市)
計  235 点 計   270点

注記:
台風21号の 影響で風雨が激しく又、帰宅も心配されたので決勝ラウンドは行わず上位3名の総得点で勝敗を決めました。

-以上-

201712-21  201712-22


ホー ムページの利用方法

相模原市

相模原市体育協会

コサカ ガンショップ>

リンク

アクセスカウンター